生活に支障をきたす症状|うつ病により発生する心身への症状|適切な検査と治療を受ける

うつ病により発生する心身への症状|適切な検査と治療を受ける

ウーマン

生活に支障をきたす症状

女の人

うつ病を患ってしまうと、心的症状の他に身体的症状も現れます。その身体的症状というのは、睡眠障害や食欲不振・過食、倦怠感・疲労感、血行障害、運動機能の障害等です。うつ病における身体的障害の一つである睡眠障害について、睡眠障害はうつ病を患った際に発生する最も典型的な症例と言われています。ただし、睡眠障害と一概にいっても、様々なパターンが存在するのです。そのパターンというのは、中途覚醒・入眠困難(不眠症)、過剰睡眠(過眠症)、等になります。中途覚醒というのは、一度睡眠に入ったとしても、すぐに目が覚めてしまうといった睡眠障害です。睡眠というのは連続して取り続けなければ十分な休養にはならず、中途覚醒が起こることによって日中強い眠気に襲われるようになるでしょう。そういった状態というのは、集中力を低下させます。次に、入眠困難(不眠症)についてです。この睡眠障害は睡眠に入るまでに2時間以上掛かってしまう日が週二回以上・1ヶ月継続する場合に当てはまる睡眠障害になります。そういった状態が継続すると苦痛を感じるようになり、うつ病の症状を更に悪化させてしまうのです。過剰睡眠(過眠症)に関しては、他の睡眠障害とは異なり眠り過ぎてしまう状態を指します。どれだけ眠っても眠気が取れず、24時間いつも強い眠気を感じるようになるのです。各睡眠障害のパターンの中で、思い当たる点があるという人がいるのであれば、うつ病検査を受けてみることをお勧めします。その検査結果によりうつ病を判明したのであれば、適切な治療を受けることによって睡眠障害を解消することができるでしょう。

うつ病を患った際に発生する身体的障害である食欲不振・過食というのは、食欲が急激に無くなってしまったり、逆に食べ過ぎてしまったりする症状です。食欲が減少してしまった際には、栄養失調による健康被害が懸念されます。食べ過ぎてしまう場合であっても、体重増加や内臓系疾患を患ってしまう危険性があるのです。倦怠感や疲労感、血行障害、運動機能の障害といった様々な症状においても、日常生活に支障をきたすものばかりとなっています。もし、それらの全ての症状の中で自分の状態と一致するものがあるならば、医療機関で正確な検査を受けましょう。また、医療機関での検査が戸惑われるのであれば、インターネットで利用できる簡易うつ検査を行なうことで、自分自身がうつ病である可能性について知ることができます。