うつ病により発生する心身への症状|適切な検査と治療を受ける

心の病気と向き合おう

生活に支障をきたす症状

女の人

うつ病の症状の内、身体的症状の多くは日常生活に支障をきたすものとなっています。例えば、睡眠障害や食欲不振・過食等、そういった症状が現れた場合、集中力の欠如や栄養失調といった問題が発生する可能性があるのです。

詳細

心的症状について

ドクター

日本人の多くは、ストレスを溜めやすい傾向があると言われています。そのため、うつ病を患ってしまう人が多いのです。うつ病というのは、ストレスが主な原因となる病気で、気分障害や意欲・思考の低下等の症状が現れます。それらの症状の重さは個人差があり、放っておくと徐々に重症化していきます。重症化してしまうと、日常生活もままならなくなってしまうでしょう。そうなってしまう前に、治療を受ける必要があります。その治療というのは、心療内科か精神科にて受けることが可能です。治療を受ける前にはうつ病かどうかを判断するための診断が行なわれ、それは主にカウンセリングを通して判断されます。最近では、カウンセリングの他にも光トポグラフィー検査という方法で判断することもあるようです。光トポグラフィー検査というのは、近赤外光を頭に照射することによって脳の前頭葉の血流を可視化(グラフ化)することのできるうつ診断方法です。その血流のパターンによって、健常者かうつ病かを判断します。また、双極性障害や統合失調症等も判断することが可能です。カウンセリングによる診断よりも正確にうつ病だと判断することができるため、光トポグラフィー検査はその治療に良い変化をもたらすと言われています。自分自身がうつ病かどうかを正確に判断することができれば、適切な治療を受けることができるでしょう。

うつ病という診断を受けた後には、その症状度合についても知る必要があります。上記で挙げた症状は心的症状ですが、それぞれ具体的にどういった症状が現れるのかについて知っていきましょう。心的症状の一つである気分障害(感情障害)というのは、気分の抑揚が激しくなり心理状態のことが頻繁に起こる・継続するといった状態を指します。軽度であれば、原因を解消することで改善することができますが、うつ病による気分障害となると慢性的に症状が頻発してしまう可能性があるのです。次に、意欲の低下についてです。日常生活において、仕事をする・家事をする・風呂に入る・食事をとる等の様々な行動は意欲が無ければ行なえません。つまり、意欲が低下してしまうと、日常生活に支障をきたしてしまうことになります。うつ病による意欲の低下の場合、今まで好きだったことにも楽しみを見いだせなくなるでしょう。最後に、思考力低下といった症状に関して、思考力低下は文字通り、思考する力が低下することを指します。思考する力が低下すると妄想に陥りやすくなってしまいます。最終的には現実と妄想の区別ができなくなり、感じる必要の無い罪悪感(罪業妄想)等を抱くようになるのです。

日常生活におけるストレス

メンズ

うつ病というのは、日常生活の中で発生する様々なストレスを抱え込むことによって発症します。うつ病の症状が現れる前に、自分自身のストレス原因について考え、解消する方法を探しましょう。

詳細

簡易的な診断を行なう

男性

自分自身がうつ病かもしれないと考えている人がいるのであれば、インターネットにある簡易うつの症状診断を利用してみることをお勧めします。もし、その結果によって中等度・重度といった判定がでたのであれば、専門の医療機関を受診しましょう。

詳細

最新の治療法

カウンセリング

うつ病の症状が現れた際、その治療は心療内科もしくは精神科にて受けることが可能です。受けられる治療法は主に、カウンセリング・投薬治療の二つで、最近では磁気刺激治療という脳に直接刺激を与える治療も受けられます。

詳細

家族や友人の対応

医者

家族や友人にうつ病を患っている方がいるのであれば、症状を悪化させないようしっかりとサポートしてあげることが大切になります。相手を理解し、感情的にならないよう接してあげましょう。

詳細